FC2ブログ
カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

林 将仁

Author:林 将仁
有限会社 林住建 
茨城県水戸市でなるべく光熱費のかからないエコな住宅を考えています。
前職はハウスメーカーの営業。現在は、設計・現場監理・現場作業・お客様のお打合せを担当させていただいております。

FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

林宛メールフォームです。    お気軽にご相談・お問合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

最近のトラックバック

スーツから作業服へ
家づくりに関する私の想いや考え方、現場風景、私の普段の生活を少し公開していきます。
ピアノ
 私が演奏できる唯一の楽器がピアノです。

 小学校2年生から中学1年生までしか習っていなかったので、上手ではないのですが。

 しかも、詳しくいいますとピアノではなくエレクトーンです。

 親戚よりエレクトーンをもらったことがきっかけでした。

 しかしピアノ教室に通っているのは、ほとんどが女の子で男の子は本当に少しだけで、結構恥ずかしかった記憶がありました。

 ピアノ教室に早く到着した順番で先生に教えてもらえるので、学校が終わると必死になって教室まで走った記憶があります。

 先生がピアノを弾いて、それを譜面に書く、音当てなどいろいろなことがありました。

 ピアノの発表会などにも何回か出たことがありましたが、初めての発表会では逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

 エレクトーンは、上と下と2段の鍵盤に分かれていて、演奏途中でボタンを押す操作が入ったりするともう限界。

 結局、中学校に入り部活のサッカーでピアノどころではなくなってしまったのですが。

 先日、なぜか無性に何か弾きたくなり、楽譜を購入してしまいました。

 母親が亡くなる前に買った、電子ピアノが物置にあるのでヘッドホーンをしながら。

 楽譜はなんとか読めるのですが、さすがに手が動かない。

 別に誰に聴かせるというわけでもないので構わないので、完全に自分だけの世界です。

 小学校の頃は練習が嫌でしょうがなかったのですが、いまはなぜか結構楽しい。

 ピアノ教室に通わせてくれた両親には感謝です。

 

 

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://884hayashi.blog22.fc2.com/tb.php/68-704d72c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)