カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

林 将仁

Author:林 将仁
有限会社 林住建 
茨城県水戸市でなるべく光熱費のかからないエコな住宅を考えています。
前職はハウスメーカーの営業。現在は、設計・現場監理・現場作業・お客様のお打合せを担当させていただいております。

FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

林宛メールフォームです。    お気軽にご相談・お問合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

最近のトラックバック

スーツから作業服へ
家づくりに関する私の想いや考え方、現場風景、私の普段の生活を少し公開していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅つき&初銭湯
 昨日、父の実家で餅つき。

 私は用事がありましたので不参加。

 祖父、祖母、叔父さん、叔母さんなどで毎年行っています。

 わたくしが参加する時は、杵と臼での餅つき。

 とはいっても体力の限界がありますので、何回かだけ。

 あとは機械での餅つき。

 朝早くから、もち米を蒸かして。

 つきたての餅は最高においしい。


 今年は参加できなくてごめんね。おじいちゃんおばあちゃん。

 来年は参加するようにするね。

 
 一方の私はといいますと。

 昨日、銭湯初体験。

 ホテルの大浴場、ゴルフ場の大浴場は経験したことがありましたが。

 東京の本当に住宅地の中にある銭湯。

 地元の方に愛されています的な。

 デジカメで撮ろうかと思ったのですが・・・・。忘れてしまい。

 1年の疲れをとるには最高。

 仕上げは牛乳。

 なんかやってみたかったんですよね。

 銭湯上がりの牛乳。

 しかも瓶に入った牛乳。

 手を腰に当てて飲みたかったのですが、気がついたらソファーに座りながら一気に飲み干していて。

 次回行く時にはちゃんと、腰に手を当てて飲みたいと思います。

 どうでもいいことですが。

 

 2008年も残すところわずか。

 麻生総理が「100年に一度の・・・・・」と言っておりますが、わたくしは逆に「100年に一度のチャンス」と考えております。

 まだまだ、やりたいこと、試してみたいことがたくさんあります。

 来年もこれからもずっと上を見て頑張っていきます。

 反省はしても後悔だけはしたくありませんので。

 

 いい人に出会えるかな~。 


スポンサーサイト
まさか我が家の・・・。その2
 まさか我が家の・・・。

 まさか我が家の・・・。には続きが。

 本日事件です。

 水が蛇口からでない。

 相当大問題です。

 我が家は今でも、なぜか井戸水の生活。

 定期的に水質チェックしており、全く問題なし。

 地中よりポンプで汲み上げるもの。

 「いまどき井戸水って。」なんてよく言われますが。

 今日はポンプの調子が悪く。

 朝から断水状態。

 2年位前にポンプを交換したので、その業者さんに電話。

 「11時半には行けます」とのこと。

 しかし待っても全然来ない。

 こちらから12時にもう一度電話すると。

 「すみません15時には行けるかと思います」

 しかし、また来ない。

 もう一度、電話。

 今度は「17時半には行きます。」

 ん~。またまた来ない。

 また、電話すると。

 「行きますよ~」

 しばし沈黙。 

 「あの、もう来なくていいです。」 

 他の業者さんに電話するとすぐに駆けつけてくれました。

 ありがとうございました。

 これで、今夜風呂にも入れる。

 料理もできる。

 感謝です。


 やっぱりすぐに駆けつけてくれる業者さんはいいですね。 
 

  

 私、個人としては連絡もせずにちょっと逆ギレ気味の業者さんとは今後お取引はご遠慮させていただきます。

 せめて遅れるなら、遅れると連絡があればよかったのに。

 

 当社、㈲林住建は明日30日より休暇に入ります。


本年は皆様方に格別のご愛顧を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。

来年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。


 

  
  
 

 

 
住宅展示場巡り
 年末年始にかけて、3組のお客様と住宅展示場巡りをします。

 一緒に展示場をまわって欲しいとのご要望ですので。

 きっと、年始にはどこの展示場に行っても福袋もらえると思いますよ。

 
まさか我が家の・・・。
 先日、我が家のトイレ(1階)のウォシュレットの調子が悪くなってしまいた。

 ノズルが出ないらしい。

 ということで林家の1階トイレ改修工事スタート。

 ウォシュレットだけ交換するにも○万円かかるし・・・。

 どうせやるなら便器も交換してしまおう。と父の判断。

 今の便器も約十数年使っているし・・・。

 でも2階のトイレは全然問題ないので2階のトイレを使えばいい。

 しかし、正月に身内が来た際などに不便だろうと。


 ということで、始まりましたトイレ工事。

 今まで使用していたタンク有りのトイレと違い、今度入れるトイレはタンク無。

 皆さんご存知の方もいらっしゃるかと思いますが「アワウーノ」というもの。

 まさか、年末になってお客様のところではなく我が家のトイレの調子が悪くなるとは。

 

 
 
クリスマスケーキに涙
 今年、家にクリスマスケーキが無かった。

 まあ、父と私の二人暮らしですし、特にクリスマスだから何を食べるということもないので。

 母が生きているころはクリスマスツリーを飾ったりとクリスマスらしかったのですが・・・・。

 でも、昨日は「ねんりん家」さんのバームクーヘンを食べられたので満足と思っておりました。

 
 今朝、9時04分私の携帯電話が鳴る・・・・。

 地元の先輩より電話が。

 すぐ前に書いたブログのK様(かわいい娘さん二人の)ご実家より(新聞屋さん)。

 K様のお兄さん(商工会青年部やプライベートでもお世話になっている方)からの電話。

 「マサ」と呼ばれている私。


 「マサ。今から家にお茶飲みに来い」と。



 何か悪い事でもしたかな?


 などなどちょっと不安になりながら。


 9時35分到着。
 

 お邪魔させていただくと。

 紅茶をだしていただき。

 
 頭の中では何が起こるのか・・・・・・・・・・・・。心配で。

 
 するとクリスマスケーキがホールで出てきた。


 まだ、誰も手をつけていない。

 きれいな形で。

 
 すると、そのケーキに包丁を入れ。



 「ほら、マサ食え」と。

 
 「えっ」


 わたくしが一番最初?

 
 その先輩には3人のお子様がいらっしゃって、高校生2人。中学生1人の食べざかりのお子様がいらっしゃるのに。

 でも、切って取り分けていただいたので。

 ありがたく頂戴いたしました。

 
 さてさて、本題に。

 私はなぜ呼ばれたのかを訪ねると。


 「マサに一番最初にケーキを食べさせたかったからだよ」

 
 「えっ。またまた御冗談を」(私)

 
 すると、お母様が「そうだよ。マサ君に最初に食べさせるために呼んだんだよ」と。


 みなさん私が甘いもの好きと知っていて。


 感謝感激。

 
 少し「うるっと(涙)」私。


 人の温かさを感じましたね。

 
 
 いつもいただくばかりで本当に申し訳ありません。


 ありがとうございます。



 お礼に1月1日。初詣から帰ってきたら新聞配達のお手伝いしますね。


 2時くらいにはお手伝いに行けると思いますよ。


 

 
 
カレンダー配り
 最近の私の仕事は。

 先日、1日で台所・洗面所などのフローリング張り替え工事。

 など、どうしても1~2日で終わりにしないといけない仕事以外の時は年末恒例のカレンダー配り。

 私は現場に出ないで、社長と手分けをして。

 それでもなかなか終わらない。

 カレンダーだけお届けさせていただいて、すぐに帰るというものではないので。

 カレンダーをお渡しして、不具合のあるところはないか確認し。

 時には床下に入ってみたり。

 
 先日、日曜日にカレンダーをお届けさせていただきましたK様邸。

 K様には雑誌の取材にも色々とご協力いただいたりと大変お世話になっております。 

 お子様が凄くかわいいので写真を撮らせていただきました。

 画像 127

 娘さん2人。

 当社のホームページ(トップページ)にも登場していただいております。

 写真右のお姉ちゃんに、わたくしは「まさ君」と呼ばれております。

 「まさ君、遊ぼうよ~」「まさ君、家に上がってお茶でも飲んで行ってよ~」

 という具合に。

 私にどうしても外せない用事があったので、外で少しお話&写真を撮らせていただいて帰ってました。それでも20分くらいはお話させていただきましたが。

 「また遊ぼうね」と約束をしてきました。

 

  
クリスマスイブ
 数年前になりますが、わたくしがハウスメーカーの営業時代時の話です。

 クリスマスイブの上棟。

 より思い出に残る上棟にするために。

 今でも仲良くお付き合いさせていただいております。

 ちなみに昨日、「千疋屋」のクリスマスケーキを初めて食べました。

 生クリームも程よい甘さで。

 苺が甘くておいしくて。

 お勧めです。

  

 
林将仁
 ちょっと時間がある時など、Google・Yahooなどで自分の名前で検索したりしています。

 もしかしたら、自分の名前で検索したことがある方も結構多いかと思いますが。

 「林将仁」と。「ハヤシマサヒト」です。

 結構、一件目に出てくるのですが。

 たまに、一件目にでてくるのが、「清掃会社役員林将仁(55)」。


 私ではありません。

 私は30歳です。

 しかも私は茨城県水戸市。

 同姓同名って結構いるものですね。

 
 「林」という名字もありふれたものですし。

 

 明日はクリスマスイブ・・・・・・。全く予定が無い私。

 これでいいのか。林将仁・・・30歳。

 まずい。

 

 
 
小学生の通学
 家の近所の小学生たちが朝登校する時に、私の父含め約5人で小学校近くまで一緒に歩いていきます。

 緑の帽子に、緑の蛍光ベストを着て。

 今の世の中、非常に物騒ですから。

 平均年齢65歳くらいですかね。

 片道約3キロ。


 父たちは帰りのことを考えて自転車を押しながら。

 おじさん方には、ちょうどいい運動かもしれませんね。

 先日父が「林さん手をつないでもいいですか?」と小学1年生に言われたそうで。

 かわいいですね。

 父含め5人のおじさん方は、小学生に安心を与えて。

 小学生は、おじさん方に元気を与えているようで。

 あと、おじさん方は運動(3キロ歩き・3キロ自転車)しているので健康も。

 でも、うちの父も孫がいるわけでもないのに、よくやるな。って感じで見てます。

   
年末年始
 わたくしが勤務しておりましたハウスメーカーのプライベート忘年会に少し参加させていただいたのですが。

 今年の仕事はクリスマスまで。来年正月早々より営業を開始するとのこと。

 当社の場合は、たぶん年末は29日までの仕事だと思います。

 これは職人さんたちに限ったことですが。

 年末必ずと言っていいくらい30日、31日に会社にお客様から電話があります。

 一番多い電話は「ボイラーが・・・・」

 年末、しかも協力業者さんたちも完全に休みに入ってから調子が悪くなるボイラー。

 何で。

 でも基本的には、父と私は年中無休みたいなスタイルですので全然構いませんが。


 中には、当社以外で建築されたお客様からもお電話いただきます。

 建築してくれた工務店に電話をしたけど、「今はどうしようもないから年明けにお伺いしますよと。」

 私に言わせれば「そんなひどいことはない」

 その工務店さんと林住建との考えが違うと思うだけで、文句は言いませんが。

 
 皆様に初めて語る気持ちですが。

 私は、今まで私が携わってきた「家」は全部かわいいです。(ちょっと表現がおかしいかもしれませんが)

 ハウスメーカー時代に携わってきた建物も、実家(林住建)に帰ってきてから携わってきたものも含め全部。

 なぜなら私が勝手にそれら家の「親」だと思っているから。

 私が携わってきた「家」は私の子だと。

 だから、仕事が休みだとかは関係ない。

 お客様から電話があってすぐにかけつけない工務店さんをみていると、

 「子が苦しんでいるのに、親が何もしないとは何事だ」みたいな。

 年末だろうがなんだろうが、子供が風邪をひいたら必死に看病するような感覚です。

 ただ、どうしても専門分野以外の事もありますので、どうする事もできないときもありますが。

 行ってできることもあるだろう。


 だから私は「地域の町医者」になりたいと思っています。

 「建築の地域密着型町医者に」

  
 

  

 
お前の傷は舐めれば治る
 私の手には結構傷があります。

 とはいっても大きな傷はほとんどありません。

 大多数は小さな傷。

 大工さんであれば少なからずあるかとは思います。

 
 ちょっと余談ですが、手などに「トゲ」が刺さった際に、よく針などでとったりします。

 しかし、わたくしが小さい頃は「トゲ」が刺さると父親が、大工道具の「ノミ」といわれるものでとってっくれました。ただ怖かった。


 話は戻ります。

 手の傷。

 私もまだ3年ちょっとの現場経験ですが、そんなに作業中の傷は少ない。


 実は自分で手に傷をつけています。

 特に痛いのが好きとか、そういうことではありません。

 痛いのは嫌いです。

 もちろん○○未遂とかでもありません。

 手に傷をつけるのは自分への戒め。

 とはいっても血が少し出る程度。

 それはいつからかといいますと。



 「お前の傷は舐めれば治るが、柱の傷は一生治らん」



 という言葉を耳にしてから。

 だからと言って、わたくしが柱に傷をつけたことはありませんが。

 
 ただ自分がこの職業に携わっている限り「木」への尊敬は忘れないようにしたいと思っています。

 その自然の恵みである「木」をうまく扱えなかった自分の技術への戒め。

 その戒めの為に、自分の手に傷をつけています。

 他の職人さんよりも遅い現場スタートですので、早く追いつき追い越すため。


 


 それと話題は変わりますが、材木屋さんが家づくりに参入してきています。

 それは全然かまいませんが。

 ひとつ言いたいことがあります。


 「材木屋だから一番木のことを知っている。」


 この言葉は納得いかない。

 確かに知ってはいます。 

 材木屋さんは切り出し、製材したりはします。

 が、現場で木の癖を見抜き適材適所に配置するのは大工の仕事。

 家を建ててから何十年に渡り「木」をずっと見守ることのできるのも大工。

 決して譲れないプライドがあります。
 
 
電車の中にて。
 昨日、東京に行ってきました。

 豊洲ららぽーと・お台場など。

 すごく楽しかったですよ。

 やっぱり好きな人と一緒に居られるっていいですね。

 完全に私の片思いですが。

 あまり履きなれない靴を履いていたせいか靴ずれが痛かった。


 
 行きの常磐線フレッシュひたちの車中にて。

 私は友部駅からの乗車。

 私の席の後ろにスーツ姿の男女が並んで。

 すぐにその方々の職業はわかりました。

 なぜならスーツに社章が。

 某超有名住宅メーカーの営業。

 日本で1・2・3くらいの会社。

 耳を澄まして会話を聞いていると。

 今から新幹線で新潟に行くらしい。

 お客様の打ち合わせで行くような。

 13時からお客様の打ち合わせがあるみたい。


 男性の方は営業。

 しかし女性の方は・・・。

 「コンベックス・さんスケ(三角スケールの略)・方眼紙・などなど」

 私の「7つ道具」てな感じで話をしていたので設計の方?

 しかし、土浦からもう一人スーツ姿の男性の方が乗車。

 二人の輪に加わる。

 もう、これ以上詮索するのはやめよう。

 疲れる。

 でも関係が気になる。

 少しすると、後ろの3人は車内販売のお姉さんよりビールを購入。

 「あれっ」これから新潟で打ち合わせじゃないの?と私は思いながら。

 すでに観光モードに突入。

 「大丈夫ですよ。まだ13時まで時間ありますし。」

 現時点だいたい9時30分くらい。
 
 「新潟・日本海ですからやっぱり魚ですかね。」

 「牛肉も有名なものがあるらしいですよ。」

 「そういえば昨日、グーグルアースで泊まるホテルの近辺みてみたんですよ。」

 「何かいいところあった?」

 「新潟駅の近くです。」会話終了。

 それだけ?心の中で思わずツッコんでしまった私。


 それから、しばらくは打ち合わせの為の打ち合わせ。
 
 内容は省略。

 ただ、お酒が入っているので声がだんだん大きくなってきてはいる。


 「早く打ち合わせ終わるだろうから、どこかいきませんか?」
 
 「打ち合わせ半分、観光半分ですね?」

 「あっ、新幹線の中で何弁当食べます?」

 「何弁当がいいかな~」

 何弁当でもかまわないよ。と思いながら。

 今度は上司の悪口。

 「今の○○さんはいいけど、前の○○さんは本当に最悪~。」

 などなど、延々と続く・・・。

 「えっそうなの?」というような情報もポロリ。

 お酒が入っていたからでしょう。


 同じ車両に乗っていた方全員に聞こえていたとは思います。
 
 
 
 乗車時刻ギリギリで雑誌を買わずに電車に飛び乗った私にとっては会話を聞いているのはとても楽しかった。同業者の裏事情も聞けましたし。

 電車の中で私みたいな同業者が近くに乗っているとブログのネタにされてしまいますよ。


 その後、新潟で打ち合わせはどうなったのでしょう。 

  
ナイスわくわくフェア 住まいの構造改革
 来年2009年2月14・15日の2日間。

 東京ビックサイト西1・2・3にて開催。

 当社、㈲林住建も工務店ブースに参加予定です。

 当社より14日もしくは15日のどちらか、観光バスにてお客様と一緒ビックサイトまで行くツアーを検討しております。

 今回のフェアは、「200年住宅」構想に向けた家づくりをめざして!

 「地球にやさしく 地震に強い!」

 来て・見て・触って・感じて下さい。

 
  

 
忘年会
 忘年会シーズンですね。

 すでに、忘年会が終わった方も、これからの方も。

 当社では結構前から忘年会は行っておりません。

 わたくしがまだ小さい頃に行っていたのは記憶しておりますが。

 
 私の忘年会スケジュールは先月に1件(第1部)終わってはおります。

 しかし、明日13日の忘年会を皮切りに怒涛の忘年会ラッシュ。

 以降9件の忘年会。

 結構キツイ。

 体力的というよりも。

 財布の方が・・・。

 
 しかし9件もありますので、どうしても日程が重なってしまうものもありますので、実際に顔を出せるものは6件くらいですかね。
 
 忘年会が控えていらっしゃる方。

 お酒の飲み過ぎで体調を崩さないようにしてください。


㈲久保田アルミ工業ホームページ開設
 先程、㈲久保田アルミ工業様の事務所に寄りましたら、ホームページ開設とのこと。

 ちなみにこちら㈲久保田アルミ工業ホームページ

 当社、㈲林住建ホームページのリンクページにも名前が入っております。

 ちゃんとこれからリンクできるようにしておきます。

 ちなみに、久保田さんのホームページを見た方にお得なキャンペーンがありますので是非お立ち寄りを。

 キャンペーン内容を少し説明させていただきます。
 
 現在新築されている住宅ですとペアガラスは当然ですが、以前の建物ですと、当然のようにシングルガラス。

 シングルガラスですと、今の季節などは結露、暖房の効きが悪い。など問題がたくさん。

 ガラスの結露で困っている方も多い筈。

 カラスの近くで「ヒヤっと」されたことがある方も多い筈。

 当然夏場でも、クーラーの効きも悪い。

 それらを解消してくれる商品です。

 しかも取り付け工事も1日。一つの窓で当たり約1時間くらいとかかな。

 この時期、窓で困っている方。

 ㈲久保田アルミ工業さんにお問い合わせを。

 ちなみにエリア的には茨城県央くらいですかね。

 そのあたりも聞いてみてください。


 補足ですが、以前にも書きましたがペアガラスといえども結露するケースはございます。

 ペアガラスはあくまでも結露しにくい。生活環境によります。
オニツカタイガー
 今日、作業場を掃除しておりましたら、物置からこのようなものが出てきました。

 画像 119

 画像 120

 画像 121

 オニツカタイガー社(今のアシックス)のサッカースパイク。

 しかも布製。

 まだ一度も履いたことはないのですが。

 これからも履いてサッカーをすることはないと思いますが。

 今では復刻モデルなどで結構目にする機会があります。

 復刻ではないというところがこれまたいい。

 
 大学時代にサッカーの試合で沖縄に行った際に、ちょっと歴史を感じるスポーツ用品を扱うお店に入った際にワゴンセールみたいな感じで売られていて。

 面白半分で買ってみました。

 約12年位前のことですから「オニツカータイガーって何だ」って思いながら。

 「今なら高く売れるかな」なんて思いも少し持ちつつ。

  

 

 
 

研修
 昨日、初めてつくばトーヨー住器さん主催の研修に夕方から参加してきました。

 何回か営業の方が当社に訪問し、研修参加を呼びかけていましたので。


 内容はやはり工務店として、これから受注を獲得するためにはどうしたらいいのか。

 全国各地の方々の事例を紹介。

 詳しくは言えませんが。

 これから当社でも実践してみたいと思う事例がいくつか。

  
 今回の研修内容は事前には知りませんでしたが、参加理由は同年代の方が来るということ。

 同年代の工務店を担う方々がどのような考えを持っているのかを聞きたかったからです。

 どのような思いで仕事をしてるのか、これから先をどう考えているのか。

 同年代の意見は非常に興味がありますし、刺激になります。

 
 帰りの車の中。ふと先日掃除をした際に見つけた小学校の頃の日記を思い出し。

 小学校2年生(今から20数年前)の頃の日記に大きくこう書かれていました。

 「ちずにのこるしごと」(地図に残る仕事)

 この言葉はスパーゼネコン「大成建設」でよく使われている言葉。

 何を考えていたのかわかりませんが、当時から大きくなったら父親と一緒に仕事をしたいと考えていたのは事実。とにかく大きな建物を建てたかったのかなとも。思われますが・・・。

 今の考えは当時とは少し違います。

 確かに「地図に残る仕事」も立派です。尊敬します。

 観光マップ・名所となるような建物は大手会社にお任せします。

 私の考える建築の原点は「家」。

 普通の戸建住宅です。

 「お客様の夢や希望が詰まったマイホーム」です。

 これぞ私の考える建築の原点。

 地図に残らなくてもかまいません。

 ゼンリンに載るくらいで充分。

 

 

 

 

  
リンゴ
 先日、何故だかリンゴ収穫の手伝いに父含め近所の方々4人くらいで大子町に行ってきたみたい。

 きっと、その時のリンゴ。

 今、家に帰ってきて愛犬レック専用ウッドデッキを覗いてみると、レックが丸ごと1個のリンゴと格闘していた。

 暗いので写真撮れませんでしたが、ちょっと笑えます。

 転がってしまうリンゴを必死に前足でおさえつけながら。

 

 話は少し変わりますが。

 私が小さい頃の丁度今くらいの時期には食後にリンゴ、柿などを食べていました。

 決して「はい、食べな」などという言葉はない。

 食べたければ自分で剝かなければならない。

 後にわかるのですが、「大工の息子が刃物を扱えなくてどうする」みたいな考えだったらしいのですが。

 幼稚園の頃の私には包丁、ナイフを扱うのは結構必死な作業。

 でもおかげさまで、人並みには包丁が使えるようになったので感謝。

 
パース
 小学校・中学校時代の美術の成績は恥ずかしながら5段階評価の2がほとんど。

 彫刻等などを使う版画の時だけは5の評価はいただいておりましたが。

 美術は特に苦手な教科でした。

 デッサンなんかさせてみたら本当に酷い。

 デッサンの上手な人は線がきれい。

 デッサンのあまり上手ではない方の線はきれいではない。


 今は図面などほとんどがCADによるもので、なかなか手書きの図面を目にする機会はありません。

 お客様に提出するプレゼンでは、わざと手書きにして温かみを演出される方もいらっしゃいますが。

 
 ここ最近2年くらい日課にしていること(今まで誰にも言ったことはないので、今回初告白)

 ・パースの練習

 これだけ。夜にコソコソ練習してます。

 パースはお客様の目の前で書けたらカッコイイだろうなと思い。

 動機が・・・。

 ちなみにパースはこんな感じのものをかいております。

 画像 117

 画像 118

 ひとりで夜に書いていると寂しくなりますが、何かしていないと不安で寝れない。

 私の夜の日課です。

 以前にも書きましたが、わたくしはお酒があまり呑めません。呑むとすぐ眠くなるし。

 この毎日の日課をするために、どこに行ってもお酒は逆に呑まないようにしているというのが本当のところです。

 これから忘年会のシーズンですが、わたくしがお酒を口にする機会はないでしょう。

 

 

 

  
 
森伊蔵
 森伊蔵一升瓶ゲット。

 先日、森伊蔵が届きました。

 画像 109

 久しぶりに見ました。

 私は、ほとんどお酒が呑めないので、呑める方にプレゼントしてしまうのですが。

 私の部屋に飾って置くより、呑んでもらった方がいいかと思いまして。

 この森伊蔵はすでに渡す方が決まっております。

 もし、また手に入りましたら、その時はどなたかにプレゼントいたします。

 もちろん、お酒の呑める方にですが。

 

 

 
 

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。